麒麟がく第六回あらすじネタバレ

麒麟がくる第六回「三好長慶襲撃計画」のあらすじ・ネタバレをお届けします。

第五回の「伊平次を探せ」では、京に再び向かった明智十兵衛は伊平次に会うことができました。

簡単なあらすじ

将軍・足利義輝も列席する連歌会で、時の権力者・細川晴元による松永久秀と三好長慶の暗殺計画があることを光秀は知る。

京の町の安寧が崩れることを恐れた光秀は、館へ侵入して三淵と藤孝らと協力して、松永らを救う。

そこで傷を負ってしまった光秀は、東庵の診療所に運び込まれます。

そこで、駒と久しぶりの再会を果たします。

あらすじダイジェスト

麒麟がくるのあらすじを、簡単に知りたい。
⇒あらすじダイジェストはコチラ

ここからは、ネタバレが含まれます。

麒麟がくる第六回あらすじ・ネタバレ「三好長慶襲撃計画」

天文十七年 秋 1548年

都で権勢を誇っている管領かんれい家・細川晴元ほそかわはるもととその家臣・三好長慶みよしながよしが、京の覇権を巡って緊張状態になっていた。

力をつけてきた家臣が主君を討つという下克上が起ころうとしていた。

細川家の重臣・三好長慶(山路和弘)は松永久秀(吉田鋼太郎)の陣所に訪れていた。

長慶は公家衆と連歌の集のために、お忍びで京にやってきていた。

松永久秀は長慶のお供として、長慶と一緒に陣所を出発した。


三好長慶暗殺計画を知る

そのころ、明智十兵衛光秀(長谷川博己)は、伊平次(玉置玲央)に組み分けしてもらった鉄砲を手にしていた。

十兵衛は鉄砲を眺めて、

「美しき物じゃ」と感心していた。

鉄砲を見て美しきものといったのは、十兵衛様と松永様だけだと、人が工夫を凝らしたものは、皆美しいと松永様が言っていたという。

そこで、十兵衛は伊平次から松永様と主君の三好様が討たれるという話を聞く。

伊平次はいつも出入りしている遊女屋で、噂を聞いたというのだった。

三淵藤英の館へやってくるが

暗殺計画を知った十兵衛は、伊平次に案内してもらい三淵藤英(谷原章介)の館にやってくる。

十兵衛は、三淵藤英と細川藤孝(眞島秀和)に、松永久秀と三好長慶の命が狙われていることを相談する。

藤孝は、すぐに駆け付けないと手遅れになると、藤英は二人を討ちたいと考えているのが晴元様であるなら、細川勢の内輪もめ手を出すまでもない。

しかし、藤孝は無礼な晴元を好んでおらず、三好が斬られてしまうと、晴元をおさえることができる者がいなくなるから人を集めると立ち上がるが、藤英にとめられてしまう。

三淵は将軍・義輝様に使える自分たちが動けば将軍のご上意と受け止められてしまう、だから協力できないと断られる。

十兵衛は将軍が争うなと、命じてくれなければこの世は平らかにならない、将軍のそばにおいでの三淵様にそう進言してほしい熱く訴えその場を後にする。

その様子を、聞いていた将軍・足利義輝(向井理)は、三淵、藤孝と家臣たちに「あの者の後を追え」と命じるのだった。



暗殺計画を阻止せよ

万里小路までのこうじの館では、連歌の集いが行われていた。

公家衆と三好長慶、10名ほどの集いだ。

順番に和歌の上句と下句をよみ合っていた。

その期を狙って、万里小路の館に20名ほどの輩が迫っていた。

その輩は、細川晴元が三好長慶と松永久秀を、暗殺するためにおくりこんだ刺客、額に鉢巻、腰には刀を携えている。

万里小路の館に駆けこんできた。

付き人として来ていた久秀は、長慶とは別室であくびをしていた。

突然、板ふすまと館の者を突き破って、刀を持った輩が飛び込んできた。

久秀はとっさに刀と薙刀を手にして、切りかかってきた刃を受け反撃する。

刺客がおくりこまれたと、気がつき長慶のもとへ向かう。

そのころ、京の町を明智十兵衛光秀は館へと急いでいた。
後を追いかけて藤孝とその家臣も追いついてきた。

館では、久秀は三好長慶を逃がすために刺客と戦っていた。

「殿!お逃げください!」

その声で状況を察した、長慶は立ち上がり逃げ出すが、刺客が部屋へとなだれ込んできた。

切りかかってくる刀をかわし部屋からでる。

しかし、待ち受けていた刺客が、長慶を押し倒して切りつけてきた。

「グサッ」刺客は背後から刀を突きさされ倒れ込んだ。

背後から刺したのは、十兵衛だった。

そのすきに、長慶は刀を手にして態勢を立て直す。

藤孝も加わり刺客たちを切り倒していくが、中庭で敵の数が多く十兵衛、藤孝、長慶、久秀たちは囲まれていた。

そこに、三淵藤英が家臣とともに、駆け付けた。

「三好殿 松永殿!表に馬が!」

藤英は二人が逃げるための馬を用意していたのだった。

「かたじけない」

三好長慶と松永久秀は、その場から逃げ出すことができた。

二人に逃げられてしまった刺客たちは、これ以上戦っても仕方ないと退散していった。

痛手を負った十兵衛

暗殺計画を阻止することができた十兵衛だが、左肩に深い傷を負ってしまう。

三淵の家臣に望月東庵先生の所に案内してもらうことになる。

出血がひどく意識がもうろうとしながら、東庵先生のところを目指した。

気がつくと、駒の歌声がした。

十兵衛はあの後、意識を失い二日ぶりに目を覚ました。

肩の傷がひどく、命にかかわるほどの熱に浮かされる十兵衛を駒が看病してくれたのだった。

十日後

十兵衛は東庵先生のもとで、傷もよくなり回復してきていた。

そこに細川藤孝が、松永からのお礼の品を持ってきてくれた。

今は動くことができない、松永に代わって十兵衛のもとにもってきてくれたのだ。

酒をあまりたしまれないようなので、水あめを用意してくれた。

以前、酒に酔った十兵衛のことからそう判断したのだろう。

藤孝の兄・藤英が皆が恐れる松永殿と親しくして、美濃に置いておくのは惜しい御仁だと言っていた。

それを聞いた十兵衛は、それは買いかぶりですと答える。

藤孝も十兵衛のことを、面白い人だと思っていた。

兄・三淵の館で将軍様は武家の棟梁であり鏡であると、将軍様が争うなと、一言お命じにならねば世は平らかにならない。

十兵衛の言った言葉に心を動かされていたのだった。

そして、美濃に帰らず、しばらく京にいてほしいと言われるが、十兵衛は京と同じように美濃も混乱して自分にやるべきことがあるのではと考えていた。

美濃が一つになれた折、またお目にかかり、そのときは美濃をあげて藤孝を支えると約束する。

そこに、東庵が駆け込んできた。

「十兵衛様!」

「戦じゃ!山城守様が、また戦を始めたそうじゃ!」

今度は、美濃の大柿城おおがきじょうが主戦場となっていると、油屋から聞いたというのだ。

斎藤利政は、かつておさえていた西美濃の大柿城は、尾張の織田信秀に奪われていた。


大柿城

かつて斎藤利政がおさえていた西美濃の大柿城は、尾張の織田信秀に奪われていた。

この一帯は、豊かな穀倉地帯で交通の要、この地を奪回したいと願っていたのだった。

織田信秀も駆けつけるが、美濃が勝利して大柿城は美濃の手に落ちた。

美濃へ駒と戻る

十兵衛は美濃へと戻るために、東庵のところを出発する。

半ば強引に、傷の回復していない十兵衛に付き添って、駒も一緒に美濃に旅をすることに。



>>第七回「帰朝の願い」へつづく