麒麟がくる第五回あらすじネタバレ

麒麟がくるのあらすじ・ネタバレをお届けします。

2020年2月16日放送、第5話(第5回)「伊平次を探せ」は、十兵衛が再び鉄砲のために京へと旅に出ます。

かんたんなあらすじ

道三(本木雅弘)の命を受けた光秀(長谷川博己)は、鉄砲の作り方と、将軍家が鉄砲を大量に必要としているかを探るために、再び京へ向かいます。

腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次に探し出すために本能寺へ、そこで将軍・足利義輝(向井理)の護衛でやってきた三淵(谷原章介)と再会する。

将軍家も伊平次を探しているが忽然と姿を消していた。

三淵に連れられて松永(吉田鋼太郎)のもとに向かった光秀は、松永から鉄砲の真にチカラとはお互いをけん制させ、戦を減らす抑止力になるのだと聞く。




あらすじダイジェスト

麒麟がくるのあらすじを、簡単に知りたい。
⇒あらすじダイジェストはコチラ

ここからは、ネタバレが含まれる内容となります。

麒麟がくる第五回あらすじ・ネタバレ「伊平次を探せ」

天文十七年 秋 1548年

美濃の稲葉山城では、明智十兵衛光秀(長谷川博己)と斎藤山城守利政が鉄砲の試し打ちをしていた。

十兵衛は鉄砲の巣口に玉薬(火薬)と玉を詰め込み、火縄に火をつけ鉄砲に取り付け、利政に両手で渡す。

利政は十兵衛から「今少し、ほほに当てます」と正しい鉄砲の持ち方を教わり構える。

的にした水瓶に狙いを定めて、指を引くと「ズドン!」と銃声がして水瓶は砕けて、水が飛び散った。

「見よ!当たった!」と利政は、驚きながら笑い十兵衛に振り、これを将軍家が手にしてるのかと。

十兵衛も弓矢にない力が鉄砲にはあるが、戦で使えるのか疑問に思っていた。

手に入りにくい渡来のものを、本当に将軍家が手にしているのかも考えにくかった。

利政は先日、聞いた本能寺に命じてつくらせよようとしている話が気になっていた。

遊び道具とは思えない鉄砲を、京の公方様がご執心なのか、知りたいと思っていた。

刀鍛冶・伊平次のことをきく

屋敷に戻った十兵衛は、鉄砲の絵を描いていた。

そこに、呼び出した明智家家臣・藤田伝吾(藤重聡)がやってきた。

十兵衛は、鉄砲を早く撃てるように、鉄砲を組み分けして中身を見てみたかった。

そこで、関の刀鍛冶と親しい伝吾を呼んだのだった。

伝吾は刀鍛冶に刀研ぎを頼みに行ったときに、鉄砲にかかわる話を聞いたという。

以前、近くにいた伊平次という男が、近江の国友村に流れていって京のある筋からたのまれ、鉄砲を修理している?使っているといったうわさがあると。

その話を聞いた十兵衛は、近江の国友村へと馬を走らせた。

駒が京へ帰る

駒(門脇麦)と菊丸(岡村隆史)があぜ道を歩いていた。

駒は京へ帰ることを、伝えるために明智壮に向かっていた。

菊丸は一人で歩くのは、危険だからと付き添っていたが、ゆうべ寝違えて首が痛かった。

「そんなに早く歩かないでください」

駒は「菊丸さんが遅いんでしょう?」

十兵衛とお母上にご挨拶したら、今日中に帰るからご心配無用、首がいたいならここで待っていてと言われてしまう。

駒は明智の館に着くが、十兵衛の母・牧から今朝、国友蔵へ出発したことを聞きがっかりする。

駒は牧に京は戦ばかりで、本当は帰りたくない身寄りもないから、ここにいた方がいいと。

「ここも、戦ばかりですよ」牧に言われ明智壮を後にした。

駒は、十兵衛にもう一度会いたかったが、またいつかお会いできると信じて、京へと帰っていた。

十兵衛は国友村に来るが

関の孫六様のご紹介状を持って、国友村の刀鍛冶の長・鶴平に鉄砲のことを、ご教授してもらおうとするが、鶴平から

「鉄砲については、将軍家より決して口外無用と沙汰あり、どなたにも何も申し上げることはできませぬ」

と断られる。

伊平次のこともたずね、会わせてほしいと申し出るが、それも断られてしまう。

しかたなく、刀鍛冶を出ると十兵衛を呼び止めるものが、刀鍛冶の長の横にいた男だった。

その男は伊平次の居場所を知っている。

よければ教えると言いながら、ただでは話せない顔をしながら十兵衛の懐を見ていた。

十兵衛は懐から銭の束を一つ渡すが、男はさらに手を出してきたもう一つ束を渡すと

「伊平次は、今ここにはおりませぬ」

「京の本能寺へ行けば会えるやも」

とようやくしゃべりだした。

どうやら、伊平次は鉄砲鍛冶の腕を買われて、本能寺で養われているとのことだった。

十兵衛再び京へ

美濃に帰った十兵衛は、京へ行く許しをもらいに利政のもとにきていた。

「また京へ行くのか?」と利政から問い詰められるが、

鉄砲のことを調べよと、仰せになっているのは殿ですと伝え、今度は旅のかかりを全額出してほしいと願いでる。

旅の許しをもらい、十兵衛は再び京へと馬を走らせるのだった。

本能寺につくが

京は戦火に街を焼かれ、荒れはて公家や僧侶、将軍まで逃げ出す都となっていた。

近江にいた将軍・足利義輝(向井理)を有力大名の細川晴元(国広富之)が京に戻したが、有力大名の細川晴元でも家臣たちの内部抗争に手を焼く状態だった。

細川家重臣・三好長慶(山路和弘)と三好家重臣・松永久秀(吉田鋼太郎)は、主君の細川晴元を脅かす存在となっていた。

将軍が帰還したとはいえ、不安定な勢力に支えられた都はもろく盤石ではなかった。

十兵衛は鉄砲を背中に背負って、本能寺の前にきていた。

本能寺に公方様(足利義輝)が来ていて、中に入ることができないでいると、十兵衛の後ろから

「背に負うているのは鉄砲か?」と声をかけてくるものが
声をかけてきたのは、将軍家奉公衆・細川藤孝。

本能寺にいる公方様のお守りするため、見回っていた藤孝は鉄砲を背負っている十兵衛に鉄砲を持たせとくわけにいかないから、鉄砲をお渡し願おう近寄ってきた。

「理不尽な申されようじゃ」と断り、十兵衛は立ち去ろうとした。

「理不尽を通すぞ」と藤孝は刀を抜き構えた。

十兵衛も刀を抜き構える。

藤孝が切りかかるも、十兵衛ははじき返し刀を突き返す。

にらみ合う二人、

「藤孝 やめい」本能寺から馬に乗って出てきた将軍・足利義輝の声で藤孝は刀をおろし戦いをやめた。

義輝は十兵衛に「鹿島の太刀と見たが」と尋ねてきた。

十兵衛は「はっ」と姿勢を正す。

将軍・足利義輝と藤孝も同じ剣術の流派だった。

義輝は「仲間同士の切り合いはやめておけ」と藤孝に言い去っていった。

義輝の後についてきた、三淵藤英(谷原章介)が十兵衛に声をかけてきた。

藤英は、十兵衛が鉄砲を探しているときに、堺であったお方だった。

藤英は弟の藤孝のご無礼を詫びた。藤孝は十兵衛の剣術の腕を褒めたたえた。

十兵衛の鉄砲を見て、堺で松永久秀殿(吉田鋼太郎)に頼み手に入れたものと知っていた。

藤英は今日も松永殿に会うが、十兵衛も一緒に行きますか?とたずねられるが、本能寺にいる伊平次に会いに行きたいというと。

藤英も伊平次を探しているが、伊平次の居場所はわからなくなっているようだ。

結局、鉄砲のお礼をかねて松永久秀に会いに行く。

松永久秀の陣所にて

藤英と十兵衛は松永久秀の陣所につく、警固の長に止められるも強引に、陣所に入っていく。

警固に囲まれながら奥へとくると、館で久秀は背中に火のついたお灸をのせて顔をゆがめていた。

松永は警固達に「ああ よいよい 下がれ下がれ!」と言いながら出てきた。

2日もしゃっくりが止まらなくなって、お灸をしていたのだ。

熱い目にあってしゃっくりは止まったようで、久秀は「アッハッハッハ」と喜んでいる。

久秀は十兵衛に気が付く、十兵衛は鉄砲の世話をしてもらったことをお礼した。

久秀は二人に上がるようにすすめるが、十兵衛と本能寺であったという話から、美濃でも鉄砲を戦で使うのであろうと、鉄砲の話になった。

久秀も三淵様も鉄砲を多くそろえて、敵に備えていると、しかし三淵はそんな意図はないと反論する。

久秀はしらじらしいことをと、主の三好名慶様もその上の細川晴元様も、次の戦で鉄砲を使うと明言していると。

三淵は公方様は鉄砲を使うつもりはないと答え、それに誰を相手に戦をするのかと聞いてきた。

久秀は細川晴元様じゃと答える。

三淵は公方様は細川晴元様を、敵とは思っておりませぬと。

久秀は去年まで血を地で洗う争いをして、さらに三淵の家臣に命も狙われたのに、しらじらしいことをとにらんだ。

三淵は二度とそうならないように、お互い譲り合いこの都で共に生きてゆく道をさがすために、久秀に会いに来たのだったが、十兵衛もいることだし出直すと去っていった。

久秀は十兵衛に上がれと、屋敷に上がらせる。

美濃の山城守様が、二度も鉄砲のことで2度も堺や京に十兵衛を遣わすとは、よほど頼りにしている証拠だと。

しかし、十兵衛はこのまま戦で使えない鉄砲が、それほど大事なのか疑問に思っていた。

そして、公方様も鉄砲を集めている理由がわからなかった。

久秀は鉄砲を手にして、火縄に火をつけ鉄砲を構えて十兵衛に銃口を向けてきた。

「動くな~!」

十兵衛は動こうとするが、「動けば撃つ」と言われ動くことができない。

弓矢や槍ならかわせても、鉄砲の玉はかわせない銃口を向けるだけで相手の動きを封じることができる。

久秀は鉄砲の怖さをお互いに知っていれば、簡単に攻めこむことができなくなり、戦のありようは変わると考えていた。

結果的に戦をやめておこうとなり、戦が減ると思っていた。

三淵もそのことに、気が付いている切れ者だと認めていた。

三淵も久秀も戦は嫌いなのだった。

その話を聞き十兵衛は、しばらく京は平穏でございますなと、しかし京にはまだ難題が残っているようだった。

伊平次を探せ

鉄砲の意味を聞いた十兵衛に久秀は、伊平次に会いに行くぞと言い出した。

実は三淵に内緒で、伊平次の居場所は突き止められていたのだった。

松永久秀についていくと、そこは遊郭だった。

伊平次は2階の部屋で女と一緒にいた。

部屋に入っていくと、伊平次はめんどくさいのが来たなと眉間にしわを寄せていた。

伊平次は何度着てもできないと断ってきた。

久秀は20丁でいいから作ってくれと、三割増しで払うと金を懐からだす。

しかし、伊平次は松永様につくれば三好様はいいけど、細家様が不機嫌になりこっちは30丁つくれと面倒なことになるからつくらないと。

好きな女と遊んでいる方が性に合っていると、女とイチャつきだしてしまう。

十兵衛は、そんな伊平次の顔をまじまじ見て

「あの伊平次だな?」

明智十兵衛だと言われ、伊平次はすぐに十兵衛のことを思い出し起き上がった。

昔、伊平次は伝後の家の裏庭の井戸に落ちたのを、十兵衛に助けられたことがあり、命の恩人と感謝していたのだった。

伊平次は十兵衛の持っている鉄砲に気が付く、十兵衛は伊平次にこの鉄砲を組み分けしてほしいと頼む。

十兵衛に頼まれた伊平次は、寺に道具があるからと着替えてきた。

松永久秀に自分の都合を先にしたことを詫びる。

「天が与えた僥倖ぎょうこうじゃ、十兵衛が頼めば鉄砲20丁用意するのではないか?」

十兵衛から頼んでほしいと言われるが、それは困ると戸惑う。

久秀は大名になったら、必ず十兵衛にあふれんばかりの恩を返すからと、引き下がらなかった。

「頼むぞ!」といいながら、久秀はその場から去って行ってしまった。

そこに伊平次がやってきて、寺に向かうことに。

京の通りを、駒と東庵が歩いていた。

駒は角を曲がる十兵衛の後姿をみて、十兵衛様によく似た人がいたと東庵に言うが、

東庵は「ここは京だぞ、十兵衛様がいるわけがあるまい」

駒はその後ろ姿が気になるが、

「いらっしゃるわけないものね」と歩き出した。


第六回「三好長慶襲撃計画」につづく

>>麒麟がくるあらすじ・ネタバレ第一回から最終回まで一覧

麒麟がくる第五回「伊平次を探せ」の主なキャスト

・明智十兵衛光秀 長谷川博己
・駒 門脇麦
・菊丸 岡村隆史
・牧 石川さゆり
・三淵藤榮 谷原章介
・足利義輝 向井理
・細川藤孝 眞島秀和
・藤田伝吾 藤重聡
・三好長慶 山路和弘
・細川晴元 国広富之
・伊平次 玉置玲央
・タケ 町田マリー
・鶴平 三上市朗
・若い鍛冶屋 花戸祐介
・警固の長 近藤強
・松永久秀 吉田鋼太郎
・望月東庵 堺正章
・斎藤利政(道三) 本木雅弘