スポーツクライミング東京オリンピック

2020年東京オリンピックで追加された競技、スポーツクライミング

「壁を素手で登っていくやつだよね」


ぐらいは知っているけど、どんな競技で種目は何があってルールもよくわからないとういのが正直なところです。

そこで、東京オリンピックに正式競技となったスポーツクライミングの種目やルールなどを調べてみました。

東京オリンピックで正式競技になったスポーツクライミングとは?

スポーツクライミングは、人工的に作った垂直に立つ壁を道具を使わないで体一つで登る競技です。

人工的に作られた壁には「ホールド」と呼ばれるカラフルな突起物がありそれをつかんで登っていきます。

自然の岩山を自分の手足のみで登るのはロッククライミングとよばれ、登ることを楽しむスタイルをフリークライミングといいます。スポーツクライミングはフリークライミングを原型として、ホールドやルートが設定されスポーツとして安全性が考慮されています。

東京オリンピックではスポーツクライミングはどんなルールで行われるのか?

スポーツクライミングにはいくつかのスタイル(種目)があり、東京オリンピックでは、「スピード」「ボルタリング」「リード」の3種類を1人の選手がすべて行い、3種目の総合成績で競う「複合種目」が行われます。

スポーツクライミング種目の特徴

スポーツクライミングで行われる複合種目で勝利するには、それぞれの種目ごとに必要な身体能力やテクニックなど総合的が必要になります。

それぞれの種目はどんな特徴なのでしょうか。

スピード

スポーツクライミングのスピードは、世界共通のルートが設定された高さ15mの壁をどれだけ早く登れるかを競います。

2人同時に登りトップ(一番上)のタッチパネルまで駆け上がります。安全のために選手はハーネスとロープがつながれます。

壁は95度に前傾していて、そこを駆け上がる速さは男子なら5~6秒、女子でも7~8秒です。

スピードの勝敗の決定方法

スピードクライミングの予選は左右にある同一ルートを各1回ずつ計2回トライします。

2回トライして早い方のタイムで勝敗を決定します。

決勝はトーナメントトーナメントで行われ、予選の順位が堅い選手と低い選手が戦います。

決勝では、どちらかのルートを1回トライして、タイムを競いタイムが同じになった場合は予選の順位で決まります。

スピードは日本ではメジャーではないですが、観戦する側としてはどちらが早いかと勝負がわかりやすく白熱しそうですね。

ボルタリング

ボルタリングは高さ4mほどの壁に固定されたホールドをロープを使わないで登る種目です。

スタートからゴールまでに課題(コース)が設定されていて、制限時間内なら何度でもトライすることができ、時間内にいくつ登れるかを競います。

ボルタリングの勝敗の決定方法

決められた課題をいくつ登れたかで順位が決まります。

完登した数が同じなら、関東にかかったトライ数が少ない方が順位が上となります。

トライ数も同じだった場合は、「各課題に定められたボーナス獲得数」その数も同じなら「ボーナス獲得にかかったトライ数」が反映され順位が決まります。

できるだけ少ないトライ数でボーナスを獲得し完登できるかがポイントです。

リード

リードは制限時間6分以内に高さ15m以上の壁をどこまで登れるかを競います。
安全のためにロープをクイックドローと呼ばれるロープを引っ掛ける器具を掛けながら登っていきます。

トップにクイックドローを掛けることができれば完登となります。

完登するのが困難な難しいルートが設定されていて、途中で落ちたらその地点が記録となり、ボルタリングと違い再トライはできません。

リードの勝敗の決定方法

違うルートの2本を1トライづつ登ります。どこまで登れたかでポイントが決まります。

1手でも高いホールドに登った方が勝ちになり、ホールドに触れていればその高度となるので最後は飛びついてでも触った方がいいです。

優先順位は高度、その次は全ラウンドの順位となり、それも同じならタイムが早い方が勝ちになります。

長い距離を登るリードは持久力が重要になります。いかに無駄のない動きで体力を温存しながら、登るコースを読む判断も見どころとなります。

スポーツクライミング注目の日本人選手は?

楢崎 智明(ならさき ともあき)選手

生年月日 1996年6月22日
身長 169㎝
体重 60㎏
出身地 栃木県宇都宮市

出身高校:宇都宮北高校

幼稚園のころ地元で器械体操を取り組んでいましたが、お兄さんの通うクライミングジムについていったことがきっかけでクライミングをはじめました。
小学生のころには、いくつかの大会に入賞し高校を卒業後はプロのクライマーとして活躍しています。

東京五輪でのメダルは?
東京オリンピックのときを24歳と一番脂ののった年齢で迎える楢崎選手は、トップ選手の中で、もっとも金メダルの可能性が高い選手です。

楢崎 智亜選手の成績

・2017年シーズン、複合総合成績 男子1位 【国際大会】(L:リード、B:ボルダリング、S:スピード)  

・2017年 IFSC クライミング・ワールドカップ (L) 廈門 男子2位  

・2017年 IFSC クライミング・ワールドカップ (B) ミュンヘン 男子2位

・2016年 IFSC クライミング・ワールドカップ (B) ミュンヘン 男子1位  

・2016年 IFSC クライミング・ワールドカップ (B) 重慶 男子1位 【国内大会】  
・2018年 第13回ボルダリング・ジャパンカップ 男子3位  

・2017年 日本選手権リード競技大会 男子2位


是永 敬一郎(これなが けいいちろ)選手

2017年日本代表チーム S代表

生年月日 1996年2月16日
身長 160㎝
体重
出身地 北海道帯広市

是永選手がクライミングに出会ったのは、小学校5年生のときジムで体験したのがきっかけです。

そのときクライミングの魅力にひかれ夢中になります。

その後2008年から国内ジュニア大会に出場、2012年には日本フリークライミング協会主催のJFAユース選手権2012にて優勝しています。

2015年には国際大会のアジア大会で優勝、翌年も優勝して連覇を成し遂げています。

得意種目はリード
是永選手の得意種目はリードです。素早い判断と全身の筋肉をうまく使って手際よく登っていきます。

是永 敬一郎選手の成績

・ 2017年シーズン、複合総合成績 男子10位 【国際大会】(L:リード、B:ボルダリング、S:スピード)  

・2018年 第13回ボルダリング・ジャパンカップ 男子11位  

・2017年 IFSC クライミング・ワールドカップ (L) 廈門 男子1位  

・2017年 ワールドゲームズ (L) 男子1位  

・2017年 第12回ボルダリング・ジャパンカップ 男子6位  

・2016年 IFSC クライミング・アジア選手権 (L) 都匀 男子1位  

・2016年 IFSC クライミング・ワールドカップ (L) ヴィラール 男子2位 【国内大会】  
・2016年 第30回リード・ジャパンカップ 男子1位


楢崎 明智(ならさき めいち)

生年月日 1999年5月13日
身長 186㎝
体重 58㎏
出身地 栃木県

●2017年日本代表チーム B代表

楢崎 明智選手は楢崎 智亜選手の弟さんです。クライミングを始めたきっかけは、幼稚園から取り組んでいた器械体操を続けるか悩んでいる時にお兄さん影響で始めました。

兄弟でクライミングで活躍していて、2人ともイケメンなので注目度が高そうです。

東京五輪の切符を巡ってスポーツクライミング選手権では兄・智亜選手と一騎打ちとなりましたが落下が響き、総合5位の結果となりました。

「智亜を倒せるのは明智しかいないと言われるぐらい強くなりたい」とコメントしています。
普段は仲が良い兄弟でも勝負となれば、一番のライバルになるのではないでしょうか

これまでの楢崎 明智選手の成績

  • IFSC 世界ユース選手権 モスクワ 2018(ボルダリング) 優勝

  • IFSC 世界ユース選手権 モスクワ 2018(リード) 優勝

  • 第1回コンバインドジャパンカップ 2位

  • IFSC 世界ユース選手権 インスブルック 2017(ボルダリング) 2位

  • IFSC 世界ユース選手権 インスブルック 2017(コンバインド) 優勝

  • IFSC 世界ユース選手権 インスブルック 2017(リード) 2位

  • IFSC クライミング・アジアユース選手権 シンガポール 2017(ボルダリング) 優勝

  • IFSC クライミング・アジアユース選手権 シンガポール 2017(リード) 優勝

  • IFSC クライミング・ワールドカップ 2017(ボルダリング) ベイル大会 2位

  • ボルダリングユース日本選手権鳥取大会 2017 優勝


野口 啓代(のぐち あきよ)

生年月日 1989年5月30日
身長 165㎝
体重 49㎏
出身地 茨城県

2000年の小学校5年生の夏に訪れたグアム島でフリークライミングを体験します。それをきっかけに自宅近くのクライミングジムに通い始めました。

小学生最後の春休みに出場した全日本ユース選手権で中高生相手に優勝して天才少女とした話題になりました。

2019年の日本代表選考の大会で総合2位となり、オリンピック日本代表選手の内定を獲得しました。

東京五輪が最初で最後
野口選手は2020年東京オリンピックを最後に引退の表明をしています。ぜひ最高のパフォーマンスでオリンピックをむかえてほしいですね。

野中 生萌(のなか みほう)選手

生年月日 1997年5月21日
身長 162㎝
体重
出身地 東京都

9歳のときに登山が趣味の父親に山登りのトレーニングをかねてクライミングジムに通いはじめたことで、クライミングと出会いました。

3人姉妹の末っ子ということもあり、姉の登るところを見て自分も登りたいと練習をすることでクライマーとして開花します。

16歳で日本代表入りをし、2016年のボルタリングワールドカップ・ムンバイ大会で初優勝、同年のミュンヘン大会でも優勝して世界ランキング2位を獲得しています。

スポーツクライミング世界選手権(日本代表選考大会)では、両肩に痛みを抱えたまま挑むが、中盤で落下して5位、この大会では五輪内定にはなりませんでした。

11月の五輪予選(フランス)、2020年4月のアジア選手権で五輪内定を目指して戦うことになります。

太田 理沙(おおた りさ)選手

生年月日 1993年1月27日
身長 161㎝
体重 44㎏
出身地 山口県

趣味は釣り

クライミングを始めたきっかけは、山好きの父親の影響で幼少のころから二人三脚でクライミングに取り組んできました。

高校生のころ父親のもと指導を受け全国大会に出場するなど、数々の大会で実績を残しています。

自宅には専用のクライミング練習場があり、練習場は父親が作ってくれたそうです。

自宅に練習場があるなんて、クライミング三昧で日々過ごすことができますね。

注目なところは?
太田理沙選手の注目なところは、ルックスがかわいいの話題です。普段の姿ではクライマーとわからないような見た目ですが、競技中に見る腕や肩の筋肉はまさしくクライマーです。

まとめ

2020東京オリンピックで正式競技となったスポーツクライミングは、スピード、ボルタリング、リードの三つの種目を1人で行う複合種目です。

それぞれ特徴的な種目で求められるものが違うから、総合的な技術が必要になってきます。

注目の日本選手が五輪代表となって活躍するのを期待しましょう。