麒麟がくる第7回帰蝶の願い感想

大河ドラマ麒麟がくる第7話「帰蝶の願い」の感想です。

今回は、十兵衛が帰蝶の気持ちを聞いだすというのが、メインテーマここまでの十兵衛の感じからすると、うまくできるのか心配になるミッションです。

そして、帰蝶と利政、高政と国衆といった人たちの思いに板挟みになる苦しい回でした。

十兵衛には難しい?

第7話でとくによかったとこといえば、叔父の光安から機嫌を損ねて口を利かなくなった帰蝶から、本心を聞き出せと頼まれて「はぁ!」と答えるところが一番笑えましたね。

このあと、叔父と十兵衛で殿・利政に会いに行くときも三人のやり取りが期待通りでした。

正直な気持ちを言って、怒られそこで立ち去ってしまうなんて、本来ないでしょう。

板挟みの十兵衛

帰朝から尾張に嫁ぐなと、言ってほしいと頼まれ、利政からは和議の重要性を帰蝶に伝えてほしいと言われ、さらには和議を反対する高政達からも詰め寄られる十兵衛は、なんともくるしい状況でした。

さらには、そこに自分の思いもあるだろうし。

不仲と噂されてますが

週刊誌なんかでは、帰蝶の川口春奈さんと駒の門脇麦さんが、不仲だという噂があるようです。

まあ、ドラマではそんな感じはしないのですが、実際どうなんでしょうか。

人間同士なんで好き嫌いはあるだろうし、本当だとしたらドラマで仲のいい演技をしているところは、さすが女優といったところです。

帰蝶にみえてきた

麒麟がくるがはじまったころは、帰蝶のシーンになると何度か沢尻エリカの顔が浮かんで、本当だったらなんて考えることがあったけど、ここにきてそんなこともなくなり、川口春奈さんが帰蝶にみえてきました。

それにしても化粧をして、それを十兵衛に話すところで十兵衛の「旅芸人」には、それこそ「はぁ!!」となりそうな答えでした。

帰蝶から信長がどんな者なのか、見てきてほしいと頼まれるところは帰蝶の十兵衛への思いが表れていますよね。

恋心を抱く十兵衛に、見てきてもらい十兵衛が認める者ならと、考えているわけです。

今までにないタイプの信長

ドラマなんで仕方ないけど、ここぞというところで菊丸が登場して話がトントン拍子にすすんでいきます。

そして、初対面の信長の登場、過去の大河や多くの人がイメージする信長とは違う、今までにないタイプです。

麒麟がくるでは、信長がどんなふうに描かれるのか楽しみなところです。

それにしても菊丸が何者なのか、またまた気になってきます。

麒麟がくる第7話の感想についてのまとめ

3月1日放送麒麟がくる第7話「帰蝶の願い」の感想をお届けしました。

駒のかなわぬ思い、帰蝶のほのかな恋心と鈍感な十兵衛が見どころでした。

とくに、信長を探しに行く前の十兵衛と帰蝶の会話や揺れる思いが印象的な回でした。

今までのイメージと違う感じの信長もどうなのか気になるところです。